あなたの知らないマンガの世界!

不思議な話や怖いマンガのネタバレや感想を書いています

愛してるって言わなきゃ、死ぬ。2巻・ 第13 話ネタバレ【誰にも言えない義兄との関係】

今晩は~!

このブログの管理をしている黒猫のヤマトです。

今回も引き続きぶっ飛んだマンガ

「愛してるって言わなきゃ、死ぬ。」のご紹介です!

 

 

中身が入れ替わった3人!

 

混乱するあらた。

 

そして里佳子は‥!?

 

愛してるって言わなきゃ、死ぬ。

【第13話】 ネタバレ

 ※ 第13話はこちらから試し読み出来ます。
 

 信頼をする為に あらたの事をもっと教えろと言う

静花の顔をしたつばさ。

 

「今まで一人もいなかったの?

心を開けた相手とか‥?」

つばさの顔をした珠美が聞く。

 

「‥それは‥」と何も答えないあらた。

 

 

その時、本に挟まっていた写真がパラリと落ちた。

 

その写真を拾い、つばさは

「これってあの時のクソ女じゃん」と言う。

 

その写真には理恵子が写っていた。

 

あらたは理恵子とは昔から家が近くて幼なじみなだけで

なんでもないと言うのであった。

 

 

その頃、理恵子の家では‥

 

姉の結婚相手の男が

嫌がる理恵子の身体をまさぐっていた!?

 

 

「はっ、はなせ!

こんなことしてどうなるかわかってんの!?

いっ、言ってやるママたちに‥!」

 

 

抵抗する理恵子に男は言う。

 

 「そんなこと出来ないくせに

だってキミは『いい子』だから。

 

わかってたよ。

家族のために我慢してきた子だって。」

 

 

 

里佳子の父親は愛人のところへ行き

家には帰ってこない状態だった。

 

 

ずっと泣いている母親と

不安定になった姉の姿を見た里佳子は

 

「自分がちゃんとしなくちゃ‥」と『いい子』を演じていた。

 

 

だから「結婚」という明るい話題で元気を取り戻している母親と姉に

義兄のしている事を言えるわけがない‥!

 

 

そして「結婚したらしばらく同居するから

いつだってキミに会えるよ」と男は言うのであった‥。

 

 

理恵子は男に憎悪を抱いた

 

殺してやる‥と。

 

 

 

その頃、あらたは

久しぶりに見た写真を見つめ、思うのだった‥。

 

 

心を開けた相手がいた‥。

 

でも‥

 

裏切ったんだ‥俺が‥。

 

 

彼女は俺を信じてたのに‥

 

 

続きの14話はもうすぐ試し読み出来ます。