あなたの知らないマンガの世界!

不思議な話や怖いマンガのネタバレや感想を書いています

愛してるって言わなきゃ、死ぬ。1巻・ 第7話ネタバレ【早く選んで‥私を死なせて】

今晩は~!

このブログの管理をしている黒猫のヤマトです。

今回も引き続きぶっ飛んだマンガ

「愛してるって言わなきゃ、死ぬ。」のご紹介です!

 

 

前回、優しいお姉さんの皮を被った小百合に

体を滅多切りにされたつばさ!

 

そして家を飛び出した珠美。

 

 

あらたの彼女に選ばれるのは

一人残った小百合なのか‥?

 

 

愛してるって言わなきゃ、死ぬ。

【第7話】 ネタバレ

 ※ 第7話はこちらから試し読み出来ます。

 

 あのリンゴ女に出会ってしまったばっかりに

人生が狂い出したあらたは‥

 

あんなやつら、全員オレの生活の中から追い出してやりたい!

 

そう思うのだった。

 

 

学校でつばさに椅子を投げつけられ

頭に怪我をしたあらたは、病院で手当てを受け家へと帰ろうとしていた。

 

 

すると、駐車場で里佳子があらたを待っていた。

 

 

里佳子は学校で大暴れをしたつばさのことを

「イッちゃってて気持ち悪いから警察に通報したら」と言うのだが

 

あらたは「やめろよ」と言い返した。

 

 

そう言われた里佳子は

「は?何それ。人がせっかく‥

アホらし。帰ろ。」

と、怒って帰って行った。

 

 

あらたは自分でも驚いていた。

 

‥どうしたんだ、俺。

 

 

あらたはつばさの叫んだ言葉を思い出していた。

 

あたしを笑う権利なんてないっ‥!

 

 

 

あらたが家に戻ると部屋には小百合‥

 

ではなく、珠美一人がソファーにうずくまって座っていた。

 

 

珠美はあらたに、誰を選ぶのかもう決めてくれと言う。

 

そして、早く選んで

「私を死なせて」‥と懇願した!?

 

 

珠美は母親や、この世の人達が

自分の姿を見ても、全然わからない事にショックを受け

もうこの世には自分の居場所はどこにもないと泣いた。

 

 

それを聞いたあらたは言う‥

 

「居場所が無いならここにいればいい。

俺は‥誰も死なせたくない。

 

母親に話したいことがあるんだろ?

 

あきらめるな。

 

 

あらたはあのリンゴ女の思い通りにはさせない‥と

戦う事を決意するのであった!

 

 

その様子を恐ろしい形相で

ドアの隙間から見ている女がいた!!

 

 

 

続きの8こちらから試し読み出来ます。