読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの知らないマンガの世界!

不思議な話や怖いマンガのネタバレや感想を書いています

【キモいけど、読んでみたくなる漫画】葬儀屋と納棺師と特殊清掃員が語る不謹慎な話ネタバレ

今晩は~。黒猫のヤマトです。

読んで面白かった漫画のネタバレや感想を書いています。

 

え?

黒猫は不吉だって??

 

今日は前回に引き続き、おがたちえさんの描いた漫画をご紹介します。

 

その名も

 葬儀屋と納棺師と特殊清掃員が語る不謹慎な話

 

 

今日も死の現場に残る壮絶さや悲しみを拭う――。

人は必ずしも、ベッドの上で死ねるわけではない…。

 

 

今回は、特殊清掃員の 小西さんが参加し

3人で色々な経緯で亡くなられた方達のお話を語る漫画です。

 

葬儀屋とは‥最期のお別れの場を提供する業者

納棺師とは‥亡くなった方を綺麗にして棺にお納めする人

特殊清掃員とは‥遺体が運び出された後の部屋を掃除し元の状態に戻す人

 

この3つの仕事をしている人たちは

人の「人生の最期」を見る仕事をしている。

 

感動的な別れを目にする事もあれば‥

遺族にも語れない悲惨な場面を目の当たりにする事もあるという‥。

 

不謹慎ゆえに語られない、死のタブー‥

そんな事を描いた漫画なのです。

 

 

山中で亡くなった遺体は、動物たちの食料に‥

 

海で亡くなった場合、小魚は、柔らかい目を狙うとか‥

 

孤独死で亡くなった方の遺体には虫が湧き、

部屋を歩くと、プチプチとウジ虫を潰す感触が‥

 

大学病院でささやかれる高額バイトの話‥

大学病院の地下に遺体を漬け込んでいる

ホルマリンプールの中の遺体が腐敗ガスで浮かんでくるのを

一晩中棒で沈めるとか‥

遺体を洗うバイトの話等々‥

 

チョッと、キモいけど読んでみたくなる漫画です。

 

そんな時は電子書籍がお勧めです。

 


ここをクリックすると
登録無料で立読みできますよ!
  ☟
葬儀屋と納棺師と特殊清掃員が語る不謹慎な話(PC可)

 

 

スマホ専用
※ 検索までに「葬儀屋」と入力